プラセンタの効果一覧

※プラセンタの成分についての見解であり、特定の製品の効果・効能を示したものではありません。

プラセンタには、美意識の高い女性を始め、様々な人からの支持を集めています。
どのような効果が期待できるのでしょうか?

美肌

美肌効果
詳しく見る⇒

アンチエイジング

アンチエイジング
効果
詳しく見る⇒

更年期障害

更年期障害の
症状緩和
詳しく見る⇒

疲労回復

疲労回復効果
詳しく見る⇒

抗アレルギー

抗アレルギー作用
詳しく見る⇒

ストレス解消

ストレス解消効果
詳しく見る⇒

肌を綺麗に保ちたい

若々しい肌をいつまでも保ちたいというのは、女性の永遠のテーマです。
様々な化粧品やサプリメントが出回っていますが、プラセンタというのは「効果を実感できた」という口コミの圧倒的な多さが人気の秘密なのではないかと思います。

では、なぜプラセンタには美肌効果があるのでしょうか?
いくつか理由があるのですが、例えば、

・メラニン色素を抑える効果による美白効果や、シミができにくくなる
・コラーゲン生成を促進する作用によって、お肌にうるおいがもたらされる

といった理由が挙げられます。

さらに詳しく見たい方は以下の記事もご覧ください。
プラセンタの美肌効果

若く見られたい

アンチエイジングというと、お肌をはじめとする「見た目の問題」をイメージされる方が多いようです。
しかし、アンチエイジング効果というのは体内の老化現象や、精神面の衰えに対しても有効です。

「活性酸素」という言葉はご存知でしょうか?
体内の活性酸素が増えると身体がサビやすくなってしまいます。

プラセンタには体内で過剰に発生した活性酸素を除去する作用(活性酸素除去作用)があります。
この作用によってアンチエイジング、お肌や体調への良い効果というのが期待できるのです。

さらに詳しく見たい方は以下の記事もご覧ください。
プラセンタのアンチエイジング効果

更年期障害やPMSが辛い

美容効果の大きいプラセンタですが、更年期障害に対する効果も注目されています。
その効果から、実際に医療の現場でもサプリメントが用いられているのです。

女性の更年期とは閉経前後の約10年間を指します。
平均閉経年齢は50歳なので、45~55歳あたりの時期を更年期と呼びます。

一方で男性の場合は、更年期障害は女性のプラス10歳と言われており、55歳から65歳とされていますが、個人差が大きく40代後半で発症する人もいます。

プラセンタは男性女性どちらの更年期障害にも効果があります。

さらに詳しく見たい方は以下の記事もご覧ください。
プラセンタで更年期障害の症状を緩和

疲労が気になる

年齢とともに抜けにくくなっていく疲れはプラセンタで改善しましょう。
プラセンタを摂取しはじめると、まず初めに実感できるのは、

・目覚めがスッキリして朝から元気
・疲れにくくなった

という点だという人が多くいます。
美容効果以上に、実感しやすいのが疲労回復効果なんです。

人間以外の哺乳類は、出産後に自分の胎盤を食べているのですが、これは疲労の軽減や、自然治癒力を回復させるためだと言われています。

さらに詳しく見たい方は以下の記事もご覧ください。
プラセンタの疲労回復効果

アレルギーを持っている

美容効果や、アンチエイジング効果の陰に隠れがちですが、実はプラセンタには抗アレルギー作用もあるんです。
つらい花粉や、アレルギー、アトピー性皮膚炎といった症状を緩和してくれるのです。

胎盤には、母体が胎児を異物と認識したり、攻撃したりしないように、免疫抑制物質が含まれています。
胎盤の成分を抽出したプラセンタにも、

・妊娠初期因子
・ビタミンD
・コンドロイチン硫酸
・グルコサミン

といった、免疫抑制物質が豊富に含まれているのです。

さらに詳しく見たい方は以下の記事もご覧ください。
プラセンタの抗アレルギー作用

ストレスが溜まっている

あまり知られていないですが、プラセンタにはストレス解消効果があります。

プラセンタには、ホルモンバランスや、自律神経を調整する作用があります。
交感神経と副交感神経のバランスを整えることで精神を安定させてくれるのです。

ストレスとうつ病の関係性は密接ですが、うつ病に対してもプラセンタは効果的です。
診療内科・精神科などの医療現場でも、プラセンタが使用されるようになってきました。

例えば、うつ病の患者さんに対してプラセンタの注射を打つと、抗うつ剤では改善できなかったうつ病が改善したというケースが見られました。

プラセンタの使用は増加傾向にあり、今後さらに注目が集まってくるかもしれません。

さらに詳しく見たい方は以下の記事もご覧ください。
プラセンタのストレス解消効果