注射

【女性ホルモン注射】効果のほどは?副作用は?

2017/04/25

女性らしさを得るためには欠かせない女性ホルモン。

しかし、女性ホルモンの効果というのはそれだけではありません。
女性の心身の健康を保つ上でも非常に大切な役割を担っています。

今回は、そんな女性ホルモンの「注射」について、効果や必要性、副作用などについて詳しく見ていきます。

注射で女らしさは手に入るのか

女性ホルモン

「女性ホルモンを打ちたい」と考える理由は人によって様々だと思います。
例えば、

・更年期障害の治療
・不妊治療

などがあるでしょう。

しかし、よく質問されるのが、女性ホルモン注射で女性らしさは手に入れられるのか?
という疑問です。

効果はある

結論的には、効果はあります。
例えば、バストアップの効果がありますし、性同一性障害に悩む男性を女性らしく変えることもできます。

注射を打つには理由が必要

しかし、注意していただきたいのは「バストアップ」などを目的に注射を打つことはできません。
更年期障害・不妊治療、性同一性障害といった医療目的である必要があります。

健康な女性が「女性らしさが欲しい」という理由では打つことが出来ないんですね。

ホルモン注射の効果とは

効果

さて、そんな女性らしさを手に入れることが出来るホルモン注射ですが、どのような効果があるのかもう少し詳しく見ていきましょう。

更年期障害の症状緩和

前述のとおり、ホルモン注射は更年期障害の患者さんに対して用いられます。
ちなみに、更年期障害のホルモン補充療法としては、注射以外にも「貼り薬」、「塗り薬」、「内服薬」があり、経過を見ながら医師が治療法を調整していきます。

ホルモン補充することで、のぼせやほてりなどのホットフラッシュ、大量の汗、動悸といった症状を改善することが出来ます。

不妊治療

不妊治療に使われる治療薬のことを「排卵誘発剤」などと呼んだりしますが、ホルモン注射もその一種として用いられています。

卵胞を成長させる作用があり、月経開始から数回注射を行います。
ホルモン注射を単体で使用されるケースもありますし、別の誘発剤と併せて使うケースもあります。

バストアップ

女性らしさの象徴とも言えるバストですが、ホルモン注射によって大きくすることが出来ます。
不妊治療など、別の目的で使っていたらバストまで大きくなったというのは良くある話です。

性同一性障害の男性も、「バストが欲しい」という願望を持っている方が多く、注射を打つ理由の一つになっています。

美肌効果

女性であれば、周期によって肌のコンディションが変わったという経験を持っている人は多いことかと思います。
実際にホルモンのバランスと肌のハリや潤いには密接な関係があります。

不足しているホルモンを補うことが出来れば、お肌にとっても良い効果があるのです。

動脈硬化の予防

生活習慣病の原因ともなる、危険な「動脈硬化」ですが、年齢が高まるほどそのリスクは高まります。
これは、ホルモンの減少に起因していると考えられています。

血行というのはホルモンとの関係が強く、若いときというのはホルモンが多いために血行も良いのです。
しかし、年齢によって徐々にホルモンが減少していくと、血行も悪くなって動脈硬化の危険が高まってしまうのです。

副作用

女性ホルモン

ここまでは、女性ホルモンを投与することのメリットをお話ししてきました。
しかし、実際にはホルモン注射というのは副作用もあるということを覚えておいてください。

詳しく見ていきましょう。

食欲減退・倦怠感

比較的多い副作用として、食欲減退や倦怠感といったものが挙げられます。

ホルモン注射というのは即効性が高い分、身体への変化も大きいと言えます。
そのため、倦怠感といった症状は多くの人に出やすいと考えられているのです。
また、男性ほどその変化も大きくなるために、副作用のリスクは高まります。

症状が重い場合、めまいや吐き気を催す場合もあります。

ガンのリスクが高まるというのは嘘?

時々、心配されている方がいるので、ガンとの関係性についてお話ししておきます。

一部の研究では、排卵誘発剤の使用によって、乳ガンや子宮ガンのリスクをが高まったという結果が出たことがあるようです。
しかし、多くの研究ではガンとホルモン注射には関連性がないと言われています。

実際には、ガンのリスクというのは様々な要因で大きく変化するもので、「ホルモン注射」単体の要因は微々たるものと言えるでしょう。

以下のサイトも参考になります。
排卵誘発剤の使用と乳ガンの発生率との関係が不安でたまりません

すぐに中止はできない

副作用が出ても、すぐに中止することはできません。
止めることによる反動もリスクになるからです。

ある程度の間は病院に通院し続けなくてはいけないという点は留意しておきましょう。

打つ時の痛み

ホルモン注射はとにかく痛いという特徴があります。
その痛みはインフルエンザにはの予防接種と比較して5倍とも言われています。

前述のとおり、簡単に中止できるとは限らないため、覚悟を持って始める必要があります。

おすすめプラセンタサプリ

おすすめのプラセンタサプリを紹介します。
ここで紹介するものは、すべて効果の高い「馬プラセンタ」の商品です。

母の滴プラセンタEX

★こんな人が買っています。
・美容のために
・健康を保ちたい
・やつれて見られる
効果で選びたい

下のリンクから購入するとお得!
5袋購入で+1袋 3袋購入で+小袋(20粒)

Tp200next

★こんな人が買っています。
・美しくありたい
・キレイと言われたい
・生活にハリが欲しい
人気の商品を選びたい

下のリンクから購入すると
通常8000円が2500円(2回目以降は2700円)

プラセンタの泉

★こんな人が買っています。
・キレイと褒められたい
・毎日イキイキとしたい
・老けて見られがち
コスパで選びたい

当サイトのリンクから購入すると
通常3800円が800円(2回目以降は2800円)