注射

インフルエンザの予防接種、必要性を詳しく解説!

冬になると怖いのがインフルエンザ。
40度を超える熱が出ることも珍しくないため、かかってしまうと非常に辛い思いをすることになります。

そんな辛いインフルエンザですが、インターネット上や一部の人の間では、「予防接種を受けても意味がない」というような意見も散見されます。
そこで今回は、インフルエンザの予防接種を受ける意味について、詳しく解説してきたいと思います。

予防接種をしてもインフルエンザになる可能性はある

注射

今回お話ししていきたいのは、インフルエンザの予防接種に対する正しい知識です。

筆者としては、打った方が良いと考えてはおります。
しかし決して、「必ず打つべき」だとか、「打っても意味がない」というような極端な話をしたい訳ではありません。

どの程度の効果があって、どの程度の期間効果が持続するのかという点をきちんと理解していただきたいのです。

発症を防ぐ確率は6割程度

予防接種を受けたとしても、必ず発症を防げるわけではありません。

発症を防ぐ確率は6割程度。
高くても8割ぐらいだと考えられています。

防ぐことが出来る確率の方が高いですが、確実では無いという点はきちんと理解しておきましょう。

有効期間

予防接種をしても、効果がずっと続くわけではありません。
そのために、毎年注射を打つ必要があるわけですね。

注射をしてからおよそ1ヶ月後に抗体の効果がピークになります。
その後、3ヶ月後ぐらいから段々と低くなり、5か月後には効果がほとんどなくなります。

重症化を防ぐ

前述のとおり、発症を防ぐことが出来る確率は6割程度です。
しかし、インフルエンザが発症してしまったとしても、予防接種を受けておくことで重症化を防ぐことが出来ます。

本来であれば40度以上の熱が出るはずだったとしても、38度など軽度の熱で済むというような具合です。
そう考えると、インフルエンザの注射を受ける意味を感じられるのではないでしょうか?

集団予防接種の意義

個人的に重要だと考えているのは学校や企業などで、集団で予防接種を受けておくことの意義です。
インフルエンザはご存知の通り、非常に感染力の高いものです。

仮に誰かがインフルエンザにかかってしまったとしても、6割の人への感染を防ぐことが出来ると考えればその効果の大きさを感じることが出来るのではないでしょうか?

仮に感染してしまったとしても重症化しにくいため、個人個人もメリットを感じることが出来ます。

風邪との違い

違い

続いて、インフルエンザと風邪の違いについてみていきます。
インフルエンザかな?と思ったら、医療機関に行って判断してもらいましょう。

インフルエンザと風邪の見分け方

症状だけで違いを判断するというのは難しいのですが、いくつか特徴があるので挙げておきます。

・発症時期が冬
インフルエンザは、風邪とは違って冬季に流行するという特徴があります。

・高熱が出る
通常の風邪であれば、37度から38度程度の熱で収まることが普通ですが、インフルエンザとなると38度以上の熱が出ます。
40度を超えることも珍しくありません。

症状の違い
風邪の場合は、くしゃみ、のどの痛み、鼻水・鼻づまりなどといった上気道症状が多く見られます。
一方でインフルエンザの場合は、全身の倦怠感、食欲不振、関節痛・筋肉痛などの全身症状が強く現れます。

インフルエンザの特徴

インフルエンザ

インフルエンザの特徴について深く見ていきましょう。

感染経路

インフルエンザは、空気感染については積極的な証拠はないとされています。
しかし、くしゃみなどによる飛沫感染や、触ったものを経由する接触感染による感染力が非常に強いです。

この感染力の強さから、インフルエンザにかかると学校や会社に行くのはドクターストップがかかることかと思います。
基本的には、「発症後5日、解熱後2日」は外に出ないようにしましょう。

潜伏期間

インフルエンザには潜伏期間があるため、家族などが発症した後で時間差で発症するということがよくあります。
潜伏期間は2日前後で、長い場合は1週間ほどになります。

熱が下がっても外出は避ける

上記のとおり、インフルエンザというのは感染力が非常に強く、うつしてしまうリスクが非常に高いものです。
熱が下がっても最低2日(日数は掛かった医療機関にも相談してください)は家を出ないようにしましょう。

インフルエンザウイルスの種類

インフルエンザには3種類あります。
A型、B型、C型です。

一口にインフルエンザとは言っても、症状の重さなどが異なるため軽く触れておきましょう。

A型

A型非常に激しい症状が特徴で、ウイルスの形が変形しやすいために対策が難しいと言われています。
流行しやすいことも特徴で何かと話題になります。

B型

B型も毎年それなりに感染者がいるものの、大きな流行にはなりにくです。
症状もA型と比べれば穏やかで、下痢やお腹の痛みを訴える人が多いという特徴もあります。

C型

大人であれば、多くの人がすでに免疫を持っているのがC型になります。
一度発症すると免疫が持続すると考えられています。

かかるのは4歳以下の幼児が多く、症状もそれほど強くはありません。

おすすめプラセンタサプリ

おすすめのプラセンタサプリを紹介します。
ここで紹介するものは、すべて効果の高い「馬プラセンタ」の商品です。

母の滴プラセンタEX

★こんな人が買っています。
・美容のために
・健康を保ちたい
・やつれて見られる
効果で選びたい

下のリンクから購入するとお得!
5袋購入で+1袋 3袋購入で+小袋(20粒)

Tp200next

★こんな人が買っています。
・美しくありたい
・キレイと言われたい
・生活にハリが欲しい
人気の商品を選びたい

下のリンクから購入すると
通常8000円が2500円(2回目以降は2700円)

プラセンタの泉

★こんな人が買っています。
・キレイと褒められたい
・毎日イキイキとしたい
・老けて見られがち
コスパで選びたい

当サイトのリンクから購入すると
通常3800円が800円(2回目以降は2800円)