更年期障害

更年期障害も影響?動脈硬化の原因とは?

動脈硬化とは何かご存知ですか?
なんとなく危ない病気というイメージはあっても、どんな病気なのか正確に理解している方は少ないのではないでしょうか?

今回はそんな動脈硬化の原因や、関係が深い更年期障害についても解説していきます。

動脈硬化の基礎知識

動脈硬化

動脈硬化というのは、文字の通りで動脈が硬くなることを言います。
若い人の血管というのは弾力があってしなやかですが、年齢と共に血管は硬く脆くなっていきます。

結果、血管が狭くなって詰まりやすくなったり、血液をうまく送り出せなくなったりといった症状が現れてくるのです。

自覚症状はない

実は、動脈硬化というのはあまり自覚症状がありません。
しかし、重大な病気を引き起こすこともあるために、「サイレントキラー」などと呼ばれることもあります。

気が付かないうちに進行していることがあるため、年齢を重ねるとともに注意が必要になってきます。

血管の内側がせまくなると、臓器などの組織に必要な酸素や栄養を十分に届けることが出来なくなってしまいます。
さらに血管が詰まってしまうと、生命の危機にも関わってきます。

動脈硬化が引き起こす病気とは

では、動脈硬化はどうのような病気を引き起こすのでしょうか?
代表的なものが、脳梗塞や心筋梗塞です。

脳梗塞というのは、動脈硬化によって血管が詰まった結果、脳へ酸素やエネルギーが供給されないことで引き起こされます。
死に至る可能性も高く、障害が残ることも多いため気を付けたい病気です。

心筋梗塞もメカニズムは同じで、血液の詰まりによって引き起こされますが、心筋に血液がいかない場合心筋梗塞となります。
心臓も脳と同様、人にとって重要度の高い部位ですから、死亡率が高いことは想像しやすいことかと思います。

動脈硬化の原因とは

原因

動脈硬化の原因として、加齢とコレステロールがよく紹介されています。
加齢で組織が硬くなっていくというのはなんとなく想像できるかもしれませんが、それに加えて更年期障害による影響も大きいと言われています。

詳しく見ていきましょう。

更年期障害

更年期障害というのは、女性の場合は女性ホルモンの現象、男性の場合は男性ホルモンの減少によって障害が引き起こされるものです。
また、女性の方が男性の10倍なりやすいと言われています。

男性ホルモン、女性ホルモン共に、動脈硬化を抑える効果があると考えられています。
更年期障害が発症していなくても、年齢と共にホルモンが減少するため、動脈硬化のリスクは高まるのです。

コレステロール

コレステロールの摂りすぎが良くないというのは皆さんご存知だと思います。
食品でいうと、卵やマヨネーズ、うなぎ、レバーなどに多く含まれており、摂りすぎることで血栓の原因となってしまいます。

また、コレステロールだけを意識するのではなく、バランスの良い食事を心がけることも大切です。
栄養素というのは単体で機能するものではありません。
品目数を増やし、健康的な食生活を送りましょう。

ストレス

血圧や血液は、自律神経系にコントロールされていますが、ストレスによる影響を受けやすいと言われています。
「嫌なことがあると血の気が引く」という経験をしたことがある方も多いかと思いますが、メンタル面と血行には密接な関係があるのです。

また、ストレスは更年期障害の原因ともなるため、間接的にもリスクを高めることになります。

運動不足

肥満は高血圧の原因となるため、動脈硬化のリスクも高まります。
また、一見肥満でなくても運動不足というのは内臓脂肪の原因ともなりますので注意して下さい。

適度な運動は、前述のストレスを解消する効果もありますので、無理のない範囲で取り入れてみましょう。

動脈硬化を改善するには

では、どうすれば動脈硬化を改善していくことが出来るのでしょうか。
いくつかポイントをお話ししていきます。

規則正しい生活

動脈硬化の原因の所で、食生活や運動不足についても触れましたが、やはり生活習慣を規則正しいものにすることが大切です。

心筋梗塞は生活習慣病の代名詞とも言えますが、生活リズムを守って健康的な暮らしを心がけているだけでも随分リスクは抑えられるものです。

コレステロールを下げる食事

規則正しい食事を行うことが大切とお話ししましたが、コレステロールを下げる食品というのも存在します。

いわしやさばなどDHA・EPAを多く含む青魚を多く摂取するように心がけましょう。

そのほか、大豆やかんきつ類も良いと言われています。

検査を受けましょう

定期的に検査を受けることも大切です。
動脈の詰まりを診断し、数値で知ることが出来ます。

動脈硬化には自覚症状がほとんど無いため、突然倒れることは珍しくありません。
検査をして、正常な数値かどうか確認しておきましょう。

おわりに

動脈硬化は日々の生活習慣の見直しが大切であるということはお分かりいただけましたでしょうか?
生活スタイルを変えるというのは簡単なことではありませんが、病気になってからでは遅いのです。

もう一度、日々の生活を振り返ってみましょう。

おすすめプラセンタサプリ

おすすめのプラセンタサプリを紹介します。
ここで紹介するものは、すべて効果の高い「馬プラセンタ」の商品です。

母の滴プラセンタEX

★こんな人が買っています。
・美容のために
・健康を保ちたい
・やつれて見られる
効果で選びたい

下のリンクから購入するとお得!
5袋購入で+1袋 3袋購入で+小袋(20粒)

Tp200next

★こんな人が買っています。
・美しくありたい
・キレイと言われたい
・生活にハリが欲しい
人気の商品を選びたい

下のリンクから購入すると
通常8000円が2500円(2回目以降は2700円)

プラセンタの泉

★こんな人が買っています。
・キレイと褒められたい
・毎日イキイキとしたい
・老けて見られがち
コスパで選びたい

当サイトのリンクから購入すると
通常3800円が800円(2回目以降は2800円)