更年期障害

更年期障害の症状とは?【女性編】

更年期障害は、45~55歳の女性によく見られるもので、ホルモンバランスの乱れを原因とする体調不良のことです。
男性にも更年期障害はありますが、割合は1対9といわれるほど、圧倒的に女性に多く見られます。

今回は女性の更年期障害について詳しく見ていきたいと思います。

更年期障害とは

更年期障害

女性は、高齢になっていくと生理周期が乱れて徐々に経血が減少していきます。
その後閉経を迎えて月経が無くなります。

この頃になると、女性ホルモンであるエストロゲンの量が減少します。
結果としてホルモンバランスの乱れが起こり、身体のほてりを始めとする身体的な症状や、メンタル面の落ち込みなどの精神的な不調を引き起こすのです。

女性ホルモン

若いとき、「卵巣の機能が活発なとき」というのは、女性ホルモンによる様々な恩恵を受けています。

女性ホルモンというと、月経や妊娠などの女性特有の現象をイメージする方が多いかもしれません。
しかし実際には、女性の健康を守る働きや、潤いある肌や髪を維持するためにも大切なものです。

女性の平均寿命が男性よりも5~10歳程度長いのも、女性ホルモンによるものだという研究もあります。
この女性ホルモンが減少することで、健康にも影響がでるのはなんとなくご理解いただけましたでしょうか?

更年期障害の症状

症状

それではもう少し具体的に、どのような症状が現れるのかを見ていきましょう。

ホットフラッシュ

更年期の症状には様々なものが挙げられますが、このホットフラッシュは8割の人が感じるといわれるほど代表的な症状になります。
のぼせたり、ほてり、大量の汗出ることが特徴です。

「上半身だけが暑くなる」という人が多くみられますが、体温や発汗の調節機能が乱れていることが原因です。

程度や持続時間は個人差が大きいと言われており、同じ人でも症状の大きさはその時々です。
多くの場合、ホットフラッシュを経験すると1年以上症状が続くと言われており、5年以上にわたって長引くケースもみられます。

うつ・不安感

PMSでも知られる通り、ホルモンバランスの乱れとメンタル状態というのは密接な関係があります。
憂うつな気分を感じる人は、閉経女性の約40%とも言われるほどで、ホットフラッシュのような症状が出ていない人であっても気分の落ち込みを経験するケースがあります。

ただし、メンタル面の落込みというのは複合的な要因で起こり得るものです。
「つらい」というときは我慢せずに医療機関などに相談することも大切です。
更年期の症状なのか、その他に原因があるのか、その点を知ることが対策するうえでも重要になります。

不眠症

前述の不安感とも密接に関係がありますが、眠れなくなるという症状もよくみられます。

睡眠中枢自体に障害が起こるということもありますし、自律神経のバランスが乱れているため、ストレスを溜めやすくなるということも原因として考えられます。

また、ホットフラッシュによるほてりや寝汗によって目が覚めてしまうなど、別の症状によって睡眠が妨げられるということも考えられます。

骨粗しょう症

骨粗しょう症とは、全身の骨が弱くなり、骨折を起こしやすい状態の事を言います。
「骨がスカスカになる」などと表現されることが多いですが、骨密度が低下した状態になっています。

痩せている人や筋力の無い人、運動不足の人などがなりやすいと言われています。

動脈硬化

動脈硬化は、様々な要因で発症しますが、更年期との影響も大きいと言われています。

女性ホルモンには血管拡張作用がありますが、更年期によってホルモンが減少すると血管が詰まりやすくなってしまいます。
更年期以降、動脈硬化が急激に加速しやすいと考えられているのはこのためです。

肌荒れ

ホルモンバランスとお肌の関係は、美容意識が高い人であれば既にご存知かもしれませんね。

ホルモンバランスが乱れると、お肌のコンディションが悪くなり、乾燥しやすくなったり、化粧ノリが悪くなるといった症状がみられます。
また、お肌のハリや潤いが無くなることによって、シミやシワの原因ともなってしまいます。

その他の症状

ここで挙げたものは一例にすぎません。
その他にも、頭痛や肩こり、めまいや立ちくらみといった症状を感じる人もいます。

更年期障害が起こりやすい人とは

更年期障害というのはホルモンバランスの乱れが原因というお話をしてきましたが、他にも原因として考えられるものにストレスがあります。

40代というのは、子供の成長や親の介護など、生活のスタイルが変化しやすい時期でもあります。
職場などでの立ち位置が変わるなど、様々な要因でストレスを感じるやすいということが出来ます。

ストレスというのも身体の機能に悪影響を及ぼすものですから、更年期の時期に重なると症状が現れやすくなるのです。

生活習慣の見直しを

不規則な生活や、食習慣の乱れというのもホルモンバランスに悪影響を及ぼします。
更年期の症状を悪化させないためにも、日々の規則正しい生活というのは大切なんですね。

また、若年性更年期障害と呼ばれる、30代後半や40代前半で見られる更年期障害もあります。
これは、やはりストレスや生活習慣が原因であると考えられています。

おすすめプラセンタサプリ

おすすめのプラセンタサプリを紹介します。
ここで紹介するものは、すべて効果の高い「馬プラセンタ」の商品です。

母の滴プラセンタEX

★こんな人が買っています。
・美容のために
・健康を保ちたい
・やつれて見られる
効果で選びたい

下のリンクから購入するとお得!
5袋購入で+1袋 3袋購入で+小袋(20粒)

Tp200next

★こんな人が買っています。
・美しくありたい
・キレイと言われたい
・生活にハリが欲しい
人気の商品を選びたい

下のリンクから購入すると
通常8000円が2500円(2回目以降は2700円)

プラセンタの泉

★こんな人が買っています。
・キレイと褒められたい
・毎日イキイキとしたい
・老けて見られがち
コスパで選びたい

当サイトのリンクから購入すると
通常3800円が800円(2回目以降は2800円)