アレルギー

アレルギー性鼻炎ってどんな病気?

先進国には、アレルギー患者が多いと言われています。
日本でも、3人に1人はなんらかのアレルギーの疑いがあると言われています。

そんなアレルギーですが、今回はアレルギー性鼻炎の症状や原因についてお話していきたいと思います。

アレルギー性鼻炎には、いわゆる花粉症も含まれます。
ハウスダストなどが原因のものと、花粉症それぞれについても特徴をみていきます。

これってアレルギー性鼻炎?

鼻炎

アレルギー性鼻炎の症状には、くしゃみや鼻水といった症状があるため、風邪と勘違いされることもあります。
そこで、風邪とアレルギー鼻炎の違いについてみていきましょう。

くしゃみや咳の違い

アレルギー性鼻炎の場合、くしゃみの回数が非常に多いという特徴があり、一度に何度か続けて出ることがよくあります。
一方で風邪の場合、くしゃみの回数は少なくなります。

また、アレルギー性鼻炎では咳はほとんど出ません。
喉の痛みがないことも特徴です。(多少の違和感は感じるケースがあります。)

鼻水の違い

鼻水の出方にも違いがあります。

風邪を引いたときの鼻水に、粘り気や黄色っぽい色味があるのは皆さん経験からもご存知であるかと思います。
しかし、アレルギー性の場合はサラサラとしていて色はありません。

風邪の場合の鼻水に含まれる「粘りや色」というのはウイルスと闘った痕跡です。
アレルギー性鼻炎では、ウイルスが原因ではないために、鼻水は常にサラサラしています。

発熱

アレルギー性鼻炎では、発熱はありません。
微熱を伴う場合はありますが少数です。

熱がある場合は風邪や別の病気を疑いましょう。

アレルギー性鼻炎の種類

種類

アレルギー性鼻炎は、「通年性」と「季節性」に分けることが出来ます。
例えば、花粉症というのは季節性ですね。

一方で、ハウスダストなどに反応するものは通年性に分類されます。

通年性アレルギー性鼻炎の原因

通年性の場合、アレルゲンとなるのはハウスダストを始め、カビやダニ、ペットの毛などが挙げられます。

近年、住宅の気密性が高まったことや、冷暖房の普及によって家の中の空気が密閉されるようになりました。
これによって、ハウスダストが家の中に蓄積されやすくなったと考えられています。

対処法としては、

・ホコリをためない
・換気や空気清浄機を使って空気を綺麗に保つ
・タバコを吸わない
・ペットを飼わない

などが挙げられます。

室内が乾燥していると症状が重くなるとも言われていますので、乾燥にも注意してください。

季節性アレルギー性鼻炎の原因

日本で見られる季節性アレルギーのほとんどは花粉症です。
スギやヒノキの花粉が有名で、その他にヨモギやブタクサといった花粉の患者さんもいます。

複数の花粉に反応してしまう人もいます。

花粉症の種類と時期について

花粉症が疑われる場合、花粉の飛んでいる時期というのが気になるかと思います。

スギ花粉の場合、本州であれば2月から4月に多くの花粉が飛んでいます。
関東においては5月まで続きます。

ヒノキの場合はスギ花粉よりも短く、本州では4月頃に多く飛んでいます。
関東では、3月~4月になります。

検査方法

では、アレルギーが疑われる場合には、何科に行けばよいのでしょうか?
答えは耳鼻咽喉科です。

内科でも薬を出してもらうことは出きますが、耳鼻咽喉科が専門分野であるためおすすめです。

いくつか検査方法がありますが、よく行われるものには、「血液検査」「パッチテスト」「負荷試験」が挙げられます。

血液検査

血液検査では、IgEというタンパク質の量によってアレルギーの有無を調べることが出来ます。
この方法では皮膚を介して触れる、ハウスダストなどに対する有無を知りたい場合に有効で、食べ物アレルギーの試験としてはあまり有効ではないと考えられています。

このIgEというのは、各アレルゲンに対して数値化することが可能であるため、アレルギー症状が何に起因しているのかということが分かります。

例えば、

・花粉
・ハウスダスト
・ダニ
・カビ
・細菌

といった項目に対してのデータを取ることが出来ます。

パッチテスト

「かぶれ」の原因を探る場合に使われることが多いのがパッチデストです。
金属アレルギーなのか、化粧品が原因なのかというような、ケースで有効です。

検査物質を48時間(2日間)貼付することが必要で、濡らしてはいけないため少々面倒ではありますが、有効性の高い検査です。

負荷テスト

アレルゲンを実際に食べることによって、アレルギー反応を見るのが負荷試験です。
対象のアレルゲンを、どのくらい摂取できるかを知ることが出来ます。

実際にアレルゲンを食べる必要があるため、個人の判断で行ってはいけません。
必ず医師の指示のもとで行いましょう。

個人差があるため同じ方法とは限りませんが、例えば数グラム程度のアレルゲンを食べて、30分程度症状が出ないことを確認します。
これを繰り返し、徐々に量を増やしていきます。
3時間以上かけて行うことが一般的な方法です。

おすすめプラセンタサプリ

おすすめのプラセンタサプリを紹介します。
ここで紹介するものは、すべて効果の高い「馬プラセンタ」の商品です。

母の滴プラセンタEX

★こんな人が買っています。
・美容のために
・健康を保ちたい
・やつれて見られる
効果で選びたい

下のリンクから購入するとお得!
5袋購入で+1袋 3袋購入で+小袋(20粒)

Tp200next

★こんな人が買っています。
・美しくありたい
・キレイと言われたい
・生活にハリが欲しい
人気の商品を選びたい

下のリンクから購入すると
通常8000円が2500円(2回目以降は2700円)

プラセンタの泉

★こんな人が買っています。
・キレイと褒められたい
・毎日イキイキとしたい
・老けて見られがち
コスパで選びたい

当サイトのリンクから購入すると
通常3800円が800円(2回目以降は2800円)