うつ病

心の病気にはどんな種類があるの?

現代人は、生きていくうえで様々なストレスを抱えています。
そんな中で引き起こされる心の病気も多様で、症状が似ていても原因や病気の種類が同じとは限りません。

どのような病気があるのか、きちんと理解をしてケースに合わせた対処法を行っていく必要があります。

心の病の種類

うつ病

では、どのような病気があるのか見ていきましょう。

うつ病

うつ病は、ストレスが原因で脳に障害が起こっている状態です。
単一のストレスの場合もありますが、複数の要因が重なっている場合も多く、精神的なストレスだけではなく身体的なストレスが原因となっている場合もあります。

うつ病になると、憂鬱な気分が続いて職場や学校に行けなくなったり、睡眠障害や食欲不振といった症状が現れてきます。
自分に対する自信がなくなり、物事に対する見方が否定的になります。

早期に発見できることが好ましく、症状が悪化する前に対処することが出来れば復帰もしやすくなります。
「うつ病かも・・」と感じた時は無理をせずに、早めに医療機関などに相談をしましょう。

双極性障害

症状としてはうつ病に似ている部分がありますが、急に調子が良くなったり悪くなったりを繰り返す場合は双極性障害が疑われます。

コンディションが良く、テンションが上がり活動的になっているときを「躁状態」と呼びます。
逆に悪い場合は、憂うつで無気力になるため、「うつ状態」と表現されます。

躁状態のときは気が大きくなるため、買い物やギャンブルに莫大な金額をつぎ込んでしまうというケースもみられます。
初対面の人にやたらと声をかけたり、性的に奔放になるといった症状も見られます。

逆にうつ状態になると、自信がなくなり活動することが困難になります。
基本的には「うつ病」と同じような症状がみられます。

強迫性障害

強迫性障害というのは、特定のことを必要以上に気にしてしまう障害のことを言います。

たとえば、家を出た後に「鍵をかけたかどうか」が気になってしまい、家に戻って確認するまで落ち着かなくなってしまうというような症状です。
悪化すると、「戻って確認」というフローを何度も何度も繰り返すようになり、生活に支障がでるようになってきます。

病気だと気づかない患者さんが多いことも特徴で、程度が低ければ大きな問題にはならないことも多いです。
なぜ強迫性障害になってしまうのか原因は解明されていませんが、治療を行うことで症状が軽くなっていきます。

統合失調症

統合失調症は心の病の中でも、特に生活に支障が出やすい病気になります。
幻覚や妄想といった症状が現れて、心や考えがまとまらなくなってしまいます。

特に、監視や盗聴を受けていると感じる患者さんが多く見られるようです。

統合失調症は自覚症状がほとんどないと言われています。
幻覚や妄想の内容が現実離れしている内容であっても、本人には現実味があるように感じられていることが多いのです。

家族や周囲の人が早期に気が付いてあげることがポイントになります。

パニック障害

パニック

突然胸が苦しくなり、とてつもない動悸に襲われるのがパニック障害です。
発汗を伴うことが多く、背中などがぐっしょりと濡れてしまうことも珍しくありません。

また、一度症状が現れると、「また発作が起きたらどうしよう」と不安になるために、外出を嫌うようになる患者さんも多いです。

「基本的には理由がなく発作が起こる」と考えられて言いますが、エレベーターの中など閉じられた空間を嫌がるようになる人が多いとも言われています。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)

PTSDは、何か「怖い思い」をしたことがきっかけとなり、恐怖を感じ続けてしまう病気のことです。
一般的にはトラウマと表現されることが多いです。

特に原因として多いのは、震災などの自然災害や、事故・暴力などが挙げられます。

「怖い体験を思い出して恐怖がよみがえる」というのは、PTSDでなくても事件が起きてからしばらくは比較的多くの人に見られる現象です。

しかし、1カ月以上続く場合にはPTSDが疑われます。
また、事件が起きたときには平気だったのに、半年や一年などのスパンを空けて症状が発生するケースもあります。

解離性障害

自分が自分であるという感覚を失ってしまうのが「解離性障害」です。

人間は本来、記憶・意識・知覚といったものが一つにまとまっています。
しかし、これらがバラバラな状態になってしまうために、

・過去の記憶が一部なくなる
・感情がなくなる
・知覚がなくなる

といった症状が現れてきます。

アイデンティティが失われ、いわゆる「多重人格」の症状がみられることもあります。
原因としては、ストレスや心的外傷だと考えられており、つらい体験によるダメージを避けるための防衛反応であると考えられています。

おわりに

いかがだったでしょうか?
心の病気には様々な種類があり、今回紹介できたもの以外にも多くの病気があります。

ストレスにはプラセンタ

「ストレスを感じることが多い」という方におすすめなのがプラセンタです。
プラセンタには、自律神経を調整する作用や、ホルモンバランスを正常化する作用があります。

当サイトでは、自宅で気軽に試すことが出来るプラセンタのサプリメントを比較して紹介していますので、合わせてご覧ください。

おすすめプラセンタサプリ

おすすめのプラセンタサプリを紹介します。
ここで紹介するものは、すべて効果の高い「馬プラセンタ」の商品です。

母の滴プラセンタEX

★こんな人が買っています。
・美容のために
・健康を保ちたい
・やつれて見られる
効果で選びたい

下のリンクから購入するとお得!
5袋購入で+1袋 3袋購入で+小袋(20粒)

Tp200next

★こんな人が買っています。
・美しくありたい
・キレイと言われたい
・生活にハリが欲しい
人気の商品を選びたい

下のリンクから購入すると
通常8000円が2500円(2回目以降は2700円)

プラセンタの泉

★こんな人が買っています。
・キレイと褒められたい
・毎日イキイキとしたい
・老けて見られがち
コスパで選びたい

当サイトのリンクから購入すると
通常3800円が800円(2回目以降は2800円)