うつ病

うつ病の原因は何?症状や前兆を紹介

近年では、「うつ病は病気である」という認知度が高まってきました。
また、どんな人であってもうつ病になる可能性があるということも分かってきました。

企業でも、うつ病の人に対して休業期間を設けることを許可するなど、段々と理解が進んできました。

うつ病は改善することが出来ます。
今回は、そんなうつ病の原因や改善方法について、お話していきたいと思います。

うつ病の原因とは

うつ病

うつ病と聞くと、「精神的なストレスが原因」と考える人が多いのではないでしょうか?
実際、精神面のストレスが原因となることが多いのですが、原因となるものはそれだけではありません。

「ストレス」というものは、精神的なものだけでなく、肉体的に感じるストレスなど、4つの種類に分けることが出来ます。
それぞれについて詳しく見ていきましょう。

精神的ストレス

これは最も理解しやすいのではないかと思います。
人間関係や家庭でのいざこざなど、様々な不満をはじめ、親族の死や別れなど、様々な要因が挙げられます。

精神的にストレス状態を感じるときというのは、特定の1つの要因であることもあれば、複数の嫌な事が重なっている場合もあります。

本来、人間にはストレスに対してある程度は抵抗力があります。
しかし、このキャパシティーを超えてしまうことで精神疾患は引き起こされてしまうのです。

現代の社会というのは「嫌だなぁ」と思うことが合っても、環境を変えたり本能のままに生きるということが難しく、考えていることと行動に乖離があっても改善が難しいと考えられます。

どうしても辛い時というのは、病んでしまう前に、転職や転校など環境を変える工夫が必要になってくるのです。

物理的ストレス

次に挙げられるストレスとして、物理的ストレスがあります。
天候や気候などといった環境に関するものが挙げられます。

最近では、気圧が下がった日に体調に変化が現れることが分かってきました。
爆弾低気圧などが来ると、頭痛がしたり、うつ病の人は朝起きれなくなるなど、気づかないうちに気候の変化による影響を受けているのです。

「普段は健康なのに、不思議と元気の出ない日がある」という人は、気圧もチェックしてみると良いかもしれません。

科学的ストレス

空気汚染や騒音を始め、お酒やタバコなどが原因のストレスも科学的ストレスに含まれます。

タバコを吸いたいというイライラがストレスになるほか、アルコール依存症の場合も飲みたい気持ちを抑えることでストレスを感じてしまいます。

そのほかにも、他人の副流煙に対するイライラも科学的ストレスです。

生物的ストレス

最後に生物的なストレスです。
細菌や花粉などが挙げられまが、花粉症に悩んでいる人にとってイメージしやすいかと思います。

症状が出る前でも、「今年もそろそろ花粉症の季節だ」と思うだけでストレスを感じることもあるでしょう。
花粉対策をして、少しでもストレスを軽くするよう心がけた方が良いでしょう。

うつ病の前兆とは

うつ病の原因を紹介してきましたが、精神的なストレスを抱えた上で、他のストレス要因も複合的に感じているというケースが多くあります。

では、うつ病になる前にはどのような前兆がみられるのでしょうか?

憂うつ感

何か悲しいことや辛いことがあったときに、憂鬱な気持ちになりますが、必要以上に落ち込んでしまったり、沈んだ気持ちがいつまでも続いてしまうといった症状が挙げられます。

また、ささいな出来事で自信を失ってしまい、「自分には価値がない」というような思い込みをしてしまうケースがよくみられます。

集中カの低下

思考力や集中力の低下をはじめ、気力がなくなるというのもうつ病の前兆です。
仕事の作業効率が下がったり、モチベーションを保つことが難しくなります。

身体面への影響

うつ病の前兆としては身体面への影響も挙げられます。

ストレス過多になっているために、血行が悪くなって肩や首が凝りやすくなるほか、身体の節々が痛んだり、動悸がしたりといった症状が現れてきます。

食欲不振、胃の痛みという症状が現れることも多く、胃潰瘍や胃腸炎が併発することもしばしば見られます。

うつ病になると・・

うつ病

ストレス状態を改善できずに、さらに進行してうつ病になってしまうとどのような症状が現れてくるのでしょうか?

睡眠障害

多くの人に見られる症状として、睡眠の障害が挙げられます。
寝つきが悪くなったり、夜中に何度も目が覚める、朝早く目が覚めるといった症状が見られます。

会社に行けなくなる

身体が会社などに行くことを拒否している状態です。
朝起きた時の憂鬱感が強く、遅刻や欠勤が増えたり、会社に行くことが出来なくなります。

さらに症状が進むと、誰かと話すことが億劫になったり、ベッドから出ることが出来ないという症状が現れてきます。

対処は少しでも早く!

うつ病というのは我慢すればするほど症状が進行してしまいます。
前兆がみられたり、メンタル的に苦しいと感じる際には、医療機関に相談したり、環境を変える努力をする必要があります。

一度病んでしまうと、復帰するまでに時間がかかります。
早めに対処をしていきましょう。

おすすめプラセンタサプリ

おすすめのプラセンタサプリを紹介します。
ここで紹介するものは、すべて効果の高い「馬プラセンタ」の商品です。

母の滴プラセンタEX

★こんな人が買っています。
・美容のために
・健康を保ちたい
・やつれて見られる
効果で選びたい

下のリンクから購入するとお得!
5袋購入で+1袋 3袋購入で+小袋(20粒)

Tp200next

★こんな人が買っています。
・美しくありたい
・キレイと言われたい
・生活にハリが欲しい
人気の商品を選びたい

下のリンクから購入すると
通常8000円が2500円(2回目以降は2700円)

プラセンタの泉

★こんな人が買っています。
・キレイと褒められたい
・毎日イキイキとしたい
・老けて見られがち
コスパで選びたい

当サイトのリンクから購入すると
通常3800円が800円(2回目以降は2800円)