ストレス解消

ストレスを溜めやすい人の特徴とは?

なんだか毎日イライラ。
納得出来ないことや、不満というのは生活のなかでどうしても出てきてしまいますよね。

それでも人によって、イライラしやすい、ストレスを溜めやすいというのは個人差が大きいんです。
この違いがどこにあるのか、詳しく解説していきたいと思います。

ストレスを溜めやすい人とは

ストレス

・周りの人と比べても、ストレスを溜めやすいなぁ
・一度イライラしだすと、いつまでも気持ちが収まらない

そんな経験はありませんか?
もしかすると、ストレスを溜めやすい体質なのかもしれません。

真面目、完璧主義

真面目な人というのは、どうしても他人の不真面目な部分や、至らない点を「どうにかしたい」と考えたり、「納得できない」という思考になりがちです。

小さいミスを長時間引きずってしまったり、自分のことも必要以上に責めてしまったり。
真面目な人というのは、責任感が強いことも多いため、周りからの評価は高いことが多いのですが、どうしてもストレスは溜まりやすいと言えます。

また、このような真面目で完璧主義の人というのはうつ病になりやすいとも考えられています。
もしも、「当てはまる」と感じるのであれば、少し肩の力を抜いて、

・妥協する
・ほどほどに頑張る

という手加減も必要かもしれませんよ。

気配り上手な人

気配りというのは集団において非常に大切な要素で、些細なことまで気がつくため重宝される存在であることは間違いありません。

しかし、細かいところまで気がつく人の傾向として、

・神経が繊細
・人の視線を気にしすぎてしまう
・無神経な人にイライラしやすい

といったことが挙げられます。

ガサツな人と相性が悪く、そのような人と一緒に生活をしていたり、仕事で同じチームだったりすると、メンタル面にダメージを受けやすいのです。

このような人は、「イライラする」と感じたときに、自分を第三者視点で客観的に捉えてみましょう。
客観的にみることを、「メタ認知」などと読んだりしますが、気持ちが楽になるはずですよ。

イエスマン

何を言われても断れない、いわゆる「イエスマン」の人はストレスを溜めやすいです。
納得していないことであっても、自分の気持ちを押し殺して進めてしまうため、ストレスが蓄積されやすいのです。

自分の考えと行動が一致していない状態というのは、心理学の観点から見ても非常に良くないことです。
どうしても嫌なこと、間違っていると思うことは、ある程度主張できるように意識したほうが良いかもしれません。

内向型でこだわりが強い

内向的で、細かいことを考え過ぎてしまうタイプの人です。
このような人というのは理想が高いため、自分のダメな部分や、できていないことに対して苦悩が深まってしまうケースが多いです。

チームで行動をしたり、大人数での意思決定という場が苦手な傾向にあり、上手く自分の意見を通すことが出来ないと、不満に繋がります。

自分のこだわりと、現状の妥協点を見つけていくことが課題になります。

改善策

ストレス解消

では、ストレスを溜めやすい人はどのようにして対処していくべきなのでしょうか?
改善方法をいくつか紹介していきたいと思います。

自信をもつ

自分に自信がある人は、ストレスを溜めにくく、ストレスに強い傾向にあります。
自身があると、他人から好かれやすくなるほか、他人に対する不満を感じにくくなったり、不満を感じたときもうまく主張することが出来ると言われています。

逆に自身が無い人というのは、間違っていると感じたことも上手く主張することが出来ないため、イライラを溜め込みやすく、改善策も分からないという状況に陥りがちなのです。

とはいえ、「自身を持つ」というのは難しいことかもしれません。
当てはまると感じる人は、

・積極的に人と話したり、関係を深くする
・不満はきちんと主張する

この2点を意識してみてください。

諦める心

他人に対して期待をしすぎると、裏切られた気持ちになるという事も挙げられます。
このような感情になりやすい人は、他の人の至らない点やミスを責めるのではなく、仕方がないと割り切ることを意識してみましょう。

「諦める」というのは自分の行動に対しても同様です。
完璧なものを求めるのではなく、出来なかったことは仕方がないと考えてみるとストレスを溜めにくくなります。

それでもイライラしてしまったら

心がけを変えても、イライラを完全に抑えることは出来ないかもしれません。
そこで、実際にストレスが溜まってしまったときに出来る対処法を紹介します。

身体を意識する

ストレスを感じて、嫌なことを考え続けてしまうときというのは脳に意識が集まっている状態です。
そんなときは腕や足など、身体に意識を向けるようにしてみましょう。

難しい場合には、以下のような機器を使うのも良いかと思います。

何かを考えているときに、「忘れようとする」というのは難しいので、違う所に意識を向けるというのが大切なんです。
「楽しかった思い出」のことを考えるという方法が有効な場合もあります。

ゆっくりお風呂に入る

カウンセリングや脳科学の世界では、イライラとリラックスは共存できないと考えられています。
これは、身体がリラックスしているときというのはイライラしにくくなるということです。

お風呂に入って、無理矢理にでも身体をリラックスさせると、ストレスも忘れやすくなるというものですね。
残業続きのときなどはシャワーで済ませてしまおう、などと考えがちですが、そのようなときこそゆっくり入浴してみてください。

おすすめプラセンタサプリ

おすすめのプラセンタサプリを紹介します。
ここで紹介するものは、すべて効果の高い「馬プラセンタ」の商品です。

母の滴プラセンタEX

★こんな人が買っています。
・美容のために
・健康を保ちたい
・やつれて見られる
効果で選びたい

下のリンクから購入するとお得!
5袋購入で+1袋 3袋購入で+小袋(20粒)

Tp200next

★こんな人が買っています。
・美しくありたい
・キレイと言われたい
・生活にハリが欲しい
人気の商品を選びたい

下のリンクから購入すると
通常8000円が2500円(2回目以降は2700円)

プラセンタの泉

★こんな人が買っています。
・キレイと褒められたい
・毎日イキイキとしたい
・老けて見られがち
コスパで選びたい

当サイトのリンクから購入すると
通常3800円が800円(2回目以降は2800円)