献血

貧血の対処法を紹介!献血は危険?

貧血ってつらいですよね。

電車などで立っていると、景色が真っ白に・・。
思わずしゃがみ込んだ経験のある人も多いのでは無いでしょうか?

今回は貧血の対処方法についてお話していきたいと思います。

どうして貧血は起こるの?

献血

では、なぜ貧血は起こるのでしょうか?
貧血の中でも大きな原因として考えられているのが、鉄分の不足です。

鉄分の不足と貧血

血液内に含まれている赤血球は、酸素を運ぶ役割を果たしています。

「ヘモグロビン」という、赤血球の中に存在するタンパク質が酸素と結合するために、肺から取り込まれた酸素を運搬することが出来るのです。

このヘモグロビンは鉄から作られていますが、不足してしまうと酸素を効率よく運ぶことが出来なくなってしまいます。

酸欠状態になると・・?

鉄分・ヘモグロビンの不足によって、酸欠状態になると、体内に悪影響が出てきます。
例えば、動悸や息切れといった症状、そして貧血の原因にもなっているのです。

もう少し具体的に例を挙げると、

・脳の酸欠:貧血・立ちくらみ
・心臓の酸欠:息切れ・動悸
・筋肉の酸欠:肩こり・疲労感

このような症状が現れ始めます。

酸素は身体にとって不可欠な要素です。
不足するとこのように様々な影響が出てきてしまうんですね。

貧血になりやすい人とは

貧血は、男性よりも女性の方がなりやすいと考えられています。
なにが理由なのでしょうか?

女性の方が貧血になりやすい

女性の5人に1人は「貧血予備軍」ともいわれていますが、いくつか原因が考えられます。

中でも大きな要因として考えられるのが、月経や妊娠・出産といった、女性特有の生理現象によって血液を失うためです。

もう一つ大きな要因として、「男性ホルモン」の量の違いが挙げられます。
男性ホルモンには、血液を新たに作ろうとする働きがあるため、男性の方が貧血になりにくいと考えられているのです。

ダイエットをしている

ダイエットをしている人というのも貧血のリスクが高まります。
鉄分を始めとする栄養素が不足する傾向にあるため、酸欠状態・貧血になりやすくなります。

体調不良を感じる場合は、無理なダイエットは行わずに、栄養素をきちんと摂るように心がけましょう。

痩せているほうが貧血になりやすい?

痩せている方のほうが貧血を起こしているという印象を持っている方が多いのではないでしょうか?
実は、痩せているから・太っているからというのは貧血とは直接関係はありません。

しかし、痩せている人のほうが栄養が不足している傾向にはあるため、間接的には痩せている人のほうが貧血になりやすいと考えることも出来るかもしれません。

献血をすると貧血になる?

献血

献血の経験はありますでしょうか?
貧血の方は、献血によって体調を崩さないか心配に思うかもしれません。

献血と貧血の関係についてお話していきます。

血液センターの説明

献血をすれば、貧血のリスクが高まることは当然です。
しかし、基本的には献血をする前に問題が無いか調べてから行うため、貧血の心配は無いとされています。

以下は東京都赤十字血液センターからの引用となります。

Q.血色素量が少ないと献血できないのはなぜですか?
A.通常、血色素量が少ないと貧血である可能性が高くなります。貧血の方から採血することは当然できません。ただし、血色素量が少ない方が全て貧血であるわけではありません。採血の基準は、採血しても貧血にならないように高く設定されています。

このように、血液の状態を調べて、採血をする人の安全面を第一に考えられているんです。
貧血のリスクがある人は、そもそも献血が出来ないということですね。

貧血の対処法

では、貧血はどのように対処していけばよいのでしょうか?
貧血になったときの方法と、普段からできる予防方法についてお話します。

貧血になった直後の対処法

まずは、貧血になってしまったときの対処法です。
貧血になったときは、血流を良くする必要があるため、

・しゃがむ、可能なら横になる
・安静にして、ベルトやボタンをゆるめる

といった行動を取ってください。
また、身体を暖めることも大切で、毛布や上着などが用意できる場合は使用しましょう。

普段からできる予防法

では、貧血になりにくい体質にするためにはどのような方法があるのでしょうか?

食事では、皆さん御存知の通り、レバーに多くの鉄分が含まれているためおすすめです。
レバーでなくても、肉類の摂取を増やすと良いでしょう。
野菜であれば、ほうれん草にも多くの鉄分が含まれています。

また、血行を良くするための工夫も行ってみてください。
半身浴を取り入れたり、なるべく身体を冷やさないように心がけることも大切です。

医療機関でも相談できる

血液検査をすることで、貧血の原因を調べたり、対処方法の方向性を決めることができます。
錠剤や注射といった方法で鉄分を補うことも出来ます。

どうしても貧血がひどいという場合には、医療機関に相談することも検討してみてください。

おすすめプラセンタサプリ

おすすめのプラセンタサプリを紹介します。
ここで紹介するものは、すべて効果の高い「馬プラセンタ」の商品です。

母の滴プラセンタEX

★こんな人が買っています。
・美容のために
・健康を保ちたい
・やつれて見られる
効果で選びたい

下のリンクから購入するとお得!
5袋購入で+1袋 3袋購入で+小袋(20粒)

Tp200next

★こんな人が買っています。
・美しくありたい
・キレイと言われたい
・生活にハリが欲しい
人気の商品を選びたい

下のリンクから購入すると
通常8000円が2500円(2回目以降は2700円)

プラセンタの泉

★こんな人が買っています。
・キレイと褒められたい
・毎日イキイキとしたい
・老けて見られがち
コスパで選びたい

当サイトのリンクから購入すると
通常3800円が800円(2回目以降は2800円)