肝機能障害

肝機能障害は食習慣で改善しよう!

肝機能障害は、日々の生活習慣で改善していくことが出来ます。
規則正しい生活や、適度な運動といったことも大切ですが、食習慣も非常に大きな要素です。

食べ物をみなおして、歓喜の障害を改善していきましょう。

肝機能障害の基礎知識

肝機能障害

人間ドックによって、肝機能異常が指摘される人は年々増加傾向にります。
近年では受診者の約3人に1人が肝機能に異常を持っているというデータもあります。

さて、肝機能が低下すると、どのような症状が現れるのでしょうか?
まずは基礎知識として押さえておきましょう。

脂肪肝

肝機能障害の中でも、最も軽く、始めになるのが脂肪肝です。

カロリーの高い食生活や、摂取する脂肪の量が多いと、肝臓内に脂肪が蓄積されて脂肪肝になってしまいます。
アルコールの摂りすぎも肝機能を低下させるために良くありません。

ついつい食べ過ぎてしまう、飲み過ぎてしまうという方は注意してください。
肥満体型の方のほうが、脂肪肝になっている可能性が高い傾向にあります。

肝炎・線維症

脂肪肝から症状が進むと、肝炎や線維症になります。

肝炎は、肝細胞が破壊され、炎症が起こっている状態です。
食欲不振や倦怠感といった症状がみられます。

線維症は日本人に多く、肝細胞の周囲や中心静脈に細い線維ができている状態です。
自覚症状はありませんが、肝硬変に進む可能性があるため対処が必要です。

肝硬変

肝硬変は、肝炎や線維症が進行した末になります。
肝細胞が繰り返し破壊されると、次第に肝臓が硬く小さくなっていきます。

肝臓の機能がかなり低下した状態で、命にも拘わる段階です。

肝機能に効果的な食事

肝機能は、カロリーや脂肪の過多でなるということがお分かりいただけましたでしょうか?
基本的には、暴飲暴食をせずに、バランスの良い食事を心がけるということが大切になります。

大豆製品

肝機能を向上させるためには、タンパク質が良いとされています。

しかし、肉類には中性脂肪として蓄積しやすい飽和脂肪酸や、コレステロールが多く含まれているため、肝機能が低下している人には適していません。

そこで、おすすめなのが大豆製品です。
納豆や豆腐などを食生活に取り入れていきましょう。

青魚

大豆と同様、タンパク質を含んでいるのが魚類です。
まぐろやいわし、さばなどの青魚には、中性脂肪を減らすEPA、DHAが多く含まれています。

逆に、避けた方が良い食事

食べ物

続いて、避けた方が良い食材についてお話していきたいと思いまうす。
間違った食生活は肝機能を悪化させてしまうため、意識的に食べないようにしましょう。

レバー

近年の研究では、鉄分の多い食品を控えた方が肝機能の改善には良いということが分かってきました。

肝臓は本来であれば、鉄を貯蔵する機能を持っている臓器なのですが、肝機能が悪い人の場合、肝臓に過剰な鉄が蓄積しています。
昔は、肝臓には鉄分が良いと言われていましたが、肝臓病患者にとっては悪影響になるケースがあるのです。

鉄分を含む代表的なものとしては、「レバー」があります。
レバーは食べることを避け、その他の肉類もなるべく控えめにしましょう。

しじみ・ほうれん草

これらも鉄分の多い食材になります。
レバーなどと比べれば含有量や、吸収率が下がりますが、なるべく避けておいた方が無難でしょう。

バランスの良い食生活を

気を付けるべき食品を避けたら、あと意識するべきはバランスです。
前述のタンパク質だけでなく、ビタミンやミネラルといった栄養素を摂る必要があるため、偏った食生活にならないように意識することが大切です。

また、症状が重い場合には必ず医療機関にも相談するようにしてください。

食事以外の生活習慣も大切

忘れてはならないのは、規則正しい生活です。
睡眠時間をしっかり確保しないと、肝臓には悪影響です。

可能であれば運動も取り入れましょう。

プラセンタも肝臓に良い

肝機能障害の患者さんに対して、プラセンタの注射が使用されていることはご存知でしょうか?
日本では1967年に、プラセンタ注射液の「ラエンネック」が、「肝硬変適応症」として薬価基準に収載されました。

病院で注射を進められることもあるでしょうし、自宅であれば市販のサプリメントを服用するという方法もあります。

注射とサプリメントの違い

簡単に違いについてお話しします。

注射の方が、血液に直接注入するという特性上、即効性が高く効き目も大きくなります。
しかし、値段も高価になるという点と、医療機関に通う必要があるという点がデメリットになります。

一方で、サプリメントは効き目は穏やかですが、自宅や外出先でも飲むことが出来るため、続けやすさや気軽さがメリットになります。

サプリメントは馬由来のものを

サプリメントとして使用されるプラセンタには、馬由来のものがおすすめです。

馬のほかに、豚由来の製品も多く出回っていますが、馬由来のものと比べて効果が低いため、あまり実感できないというケースが多く見られます。

当サイトでは、おすすめできる馬由来の製品だけを紹介しています。

おすすめプラセンタサプリ

おすすめのプラセンタサプリを紹介します。
ここで紹介するものは、すべて効果の高い「馬プラセンタ」の商品です。

母の滴プラセンタEX

★こんな人が買っています。
・美容のために
・健康を保ちたい
・やつれて見られる
効果で選びたい

下のリンクから購入するとお得!
5袋購入で+1袋 3袋購入で+小袋(20粒)

Tp200next

★こんな人が買っています。
・美しくありたい
・キレイと言われたい
・生活にハリが欲しい
人気の商品を選びたい

下のリンクから購入すると
通常8000円が2500円(2回目以降は2700円)

プラセンタの泉

★こんな人が買っています。
・キレイと褒められたい
・毎日イキイキとしたい
・老けて見られがち
コスパで選びたい

当サイトのリンクから購入すると
通常3800円が800円(2回目以降は2800円)