妊娠中

妊娠中気をつけるべきこと

妊娠した!
自分のお腹の中に新しい命がいる!

そうと思うと、喜びと不思議な気持ちが入り混じることでしょう。

しかし、妊娠すると不安な気持ちもあることだと思います。
初めての妊娠の方は特に、どうしたら良いのか分からないことも多いかもしれません。

今回は妊娠中に気をつけるべきポイントをお話していきます。

気をつけるポイント

妊娠中

妊娠中というのは我慢しなければいけないこともありますが、新しい命のためと思って頑張りましょう。
それではポイントを見ていきます。

喫煙

タバコに含まれるニコチンなどの影響は、胎児に悪影響を与えます。
赤ちゃんに必要な酸素や栄養が行き届かなくなるため、流産や早産の原因となる他、障害を持った子供になってしまう可能性も高めます。

周りでっている妊婦さんがいたとしても、軽い気持ちで吸うのは本当に辞めてください。
実際にタバコが原因で悲しい結末になってしまったケースが後を立ちません。

妊娠超初期はほとんど影響がないとは言われていますが、ズルズルと吸ってしまう人がおおいので、妊娠が判明した時からキッパリと断つことをおすすめします。

取り返しがつかないことになってからでは遅いので、絶対に禁煙するという強い意志を持ちましょう。
副流煙にも害があるため、なるべく旦那さんや家族にも禁煙してもらうことが好ましいです。

飲酒

飲酒にもリスクがあります。
子供がお酒を飲んではいけないのと同様、胎児にもアルコールを与えてはいけません。

妊婦さんがお酒を飲むと、母体とほぼ同じ濃度のアルコールが赤ちゃんに送られることになります。
お酒を飲み続けると、脳の発達が遅れ、体や知能に障害がある胎児性アルコール症候群の赤ちゃんが生まれる可能性があります。

飲まないことが好ましいですが、どうしてもお酒が好きという方は1日にグラス1杯程度までに抑え、毎日飲むことは辞めましょう。
「胎児性アルコール症候群」になると、身体障害や行動障害、目が大きく開かなくなるなど、先天的な障害を持ってしまうことになります。

薬

妊娠3週あたりまでは、飲んだ薬が赤ちゃんに影響を及ぼすことはほとんどないと考えられているようです。
この時期を「無影響期」と呼びます。

しかし、4週目以降になると、体の重要な器官が形成される時期ということもあり、薬の影響を受けやすくなってきます。
薬を服用したいという場合には必ず医療機関に相談してください。

妊娠中でも飲める薬というのも存在しますので、お医者さんに相談して処方してもらいましょう。

カフェイン

カフェインは刺激が強いため、妊婦さんには適していません。
1日1杯程度なら問題ないという意見もありますが、コーヒーや紅茶を飲みたいという方は、カフェインレスの製品を常備しておく方が良いかと思います。

多量に摂取すると、流産のリスクが高まる他、胎児の発育にも悪影響を及ぼすと考えられています。

ストレスを溜めない

妊娠中というのは、つわりなどのによって精神的にも肉体的にもストレスが溜まりやすいものです。
しかし、ストレスを溜めすぎると、母体に影響があるのと同様胎児にも悪影響があります。

一時的なストレスであれば、それほど気にする必要はありませんが、危険なのは慢性的なストレスです。
妊娠中、過度にストレスが溜まると、切迫早産などの原因になると言われています。

ストレスというのは、精神的なものもありますが、肉体的に負担をかけないということも大切です。
激しい運動や遠出の旅行はなるべく避け、重い荷物を持つことも控えるようにしましょう。

妊娠したらするべきこと

逆に、妊娠したらするべきことについてもお話ししておきます。

まずは産婦人科へ

妊娠をしたら、定期的に妊婦健診を受ける必要があります。
まずは産婦人科に行きましょう。

赤ちゃんの心拍数や健康状態を調べたり、各種検査を行います。

里帰り出産の準備

里帰り出産を考えている場合には、地元の産院を探しておく必要があります。
最近は、産婦人科医が不足しており、出産できる施設が少なくなってきていますので、早めの行動を心がけましょう。

母子手帳をもらう

妊娠届を住んでいる市区町村に提出しましょう。
母子手帳や、マタニティーバッチなどをもらうことが出来ます。

交付手続きの方法や記入内容は自治体によって異なるため、確認しておきましょう。

保育園を探す

待機児童問題が深刻な都市部では、早いうちから保育園を探しておいた方が良いでしょう。

保育園には認可保育園と認可外保育園がありますが、認可保育園は非常に倍率が高いため、場合によっては認可外を選ぶケースもあるかもしれません。
※都内の場合は中間にあたる「認証保育園」というものもあります。

おわりに

妊娠は嬉しいことですが、気を付けるべき点や、やるべきことも多々あるため、整理して頭に入れておきましょう。
とはいえ、考えすぎもストレスの元です。

お腹の赤ちゃんのためにも、リフレッシュすることは大切ですよ!

おすすめプラセンタサプリ

おすすめのプラセンタサプリを紹介します。
ここで紹介するものは、すべて効果の高い「馬プラセンタ」の商品です。

母の滴プラセンタEX

★こんな人が買っています。
・美容のために
・健康を保ちたい
・やつれて見られる
効果で選びたい

下のリンクから購入するとお得!
5袋購入で+1袋 3袋購入で+小袋(20粒)

Tp200next

★こんな人が買っています。
・美しくありたい
・キレイと言われたい
・生活にハリが欲しい
人気の商品を選びたい

下のリンクから購入すると
通常8000円が2500円(2回目以降は2700円)

プラセンタの泉

★こんな人が買っています。
・キレイと褒められたい
・毎日イキイキとしたい
・老けて見られがち
コスパで選びたい

当サイトのリンクから購入すると
通常3800円が800円(2回目以降は2800円)