うつ病

プラセンタがうつ病に効果的なケース【解説】

2017/02/02

※プラセンタの成分についての見解であり、特定の製品の効果・効能を示したものではありません。

精神疾患により医療機関にかかっている患者数は、近年大幅に増加しており、珍しいものでは無くなりました。
今回は、うつ病に対してプラセンタがどのように作用していくのかというのをお話していきます。

参考:
厚生労働省:精神疾患による患者数

うつ病の基礎知識

うつ病

昔はうつ病は甘えであるという認識を持った人が多くいましたが、最近では研究が進み、うつ病は脳の病気であることが分かってきました。

人間関係や、環境の変化などによってストレスが過多になると、脳の情報伝達機能が低下することによってうつ病が引き起こされるのです。

うつ病のメカニズム

うつ病になりやすい人の特徴としては、責任感が強い人や真面目な人が多く、周囲の評価も高いことが多いということがいわれています。
自分の限界を超えてがんばりすぎたり、ストレスをため込んでしまうため、精神的にダメージを受けてしまうのです。

うつ病になっている時というのは、神経伝達物質(セロトニン・ノルアドレナリン)の機能が低下しています。
結果、脳内の情報伝達が上手くいかない状態が引き起こされます。

プラセンタの、うつ病改善効果

改善

プラセンタには20の薬理効果があるとも言われていますが、その中でもうつ病に有効と考えられる効果として、

・精神安定作用
・自律神経調節作用
・血圧調節作用
・血行促進作用
・呼吸促進作用
・体質改善作用
・疲労回復作用

が挙げられます。

一見無関係に見える血圧調整作用にも意味があり、高血圧の患者さんはうつを伴いやすいと言われています。
高血圧の原因自体が、うつの原因とも一致していることが多く、実は密接に関係しているのです。

プラセンタの栄養素

プラセンタがこれほど多くの効果をもたらしてくれる理由として、豊富な栄養素があります。

アミノ酸やタンパク質をはじめ、ビタミン・ミネラル・酵素、そして細胞分裂を促進する効果のある成長因子など、人間に欠かせない栄養素の宝庫となっているのです。

細胞分裂を促進する効果のある成長因子なども含まれています。

抗うつ剤とプラセンタの違い

最近は、診療内科・精神科クリニックといった医療機関で、プラセンタ注射による治療を行うところが増加してきました。

うつ病の治療の場合抗うつ薬が試されることが多いですが、なかなか改善しない時にプラセンタ注射によって改善したというケースがあります。

抗うつ剤の特徴

抗うつ剤は、神経伝達物質の働きに作用するものですが、耐性がでて効かなくなったり依存して量が増えてしまうという悪循環に陥る場合があります。

一度抗うつ剤を始めると、なかなか抜け出せなくなるというのはこの依存症によるものなのです。

プラセンタの特徴

プラセンタにも、神経伝達物質の正常化作用がありますが、基本的には副作用がないと考えられているため、安全度が高いです。

また、ホルモンバランスを正常化させる作用もあるため、ホルモンの低下などに起因しているうつ病に効果がみられる場合もあります。

プラセンタ注射の口コミ

プラセンタ注射を受けた人の口コミを紹介します。

今春から、うつ病を発症して精神科に通院して薬を飲んでいます。
しかしながら余り症状が回復しません。
また、恥ずかしながら更年期障害でもあり、こちらは婦人科でホルモン剤を処方してもらっています。
先日、たまたま肥満外来専門のクリックでプラセンタの静脈注射を打ってもらったところ翌朝より気分が軽くなり元気になりました。
この口コミはYahoo!知恵袋より引用しています。(http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/)

紹介したケースでは、別の目的で注射を受けていますが意図せずうつ病への効果が実感できた例です。
まだまだプラセンタを扱っている医療機関が少なく、抗うつ剤のほうが主流ということもあり、このようなケースは案外多いのではないでしょうか。

続いて、うつ病目的で注射を受けた人の口コミです。

プラセンタの注射を初めて、サプリを飲んで、以前より、貧血が良くなったり、だるさが抜けてきた感じがあります。
体が軽くなると、前向きにもなりますし、いろいろ外に出よう、という気持ちになってくるんですよね。
この口コミは「プラセンタオタクのブログ」より引用しています。(http://placenta-blog.com/)

実際、メンタル面への効果を実感できるという声は多く、朝起きれるようになったなどといった声も多く見られます。

プラセンタはサプリメントでも服用可能

プラセンタはサプリメントも市販されています。
注射の方が効果は大きく即効性もありますが、自宅で気軽に試したいという場合にはサプリメントを選ぶという選択肢があります。

サプリメントの選び方

サプリメントの場合は馬由来のものか豚由来のプラセンタを選ぶことになりますが、馬由来のものの方が効果は大きいと言われています。

うつ病の改善が目的の場合は、多少コストがかかっても効果の大きさで選んだ方が良いかと思われますので、馬プラセンタから選ぶことをおすすめします。

サプリメントの選び方や、注射とサプリメントとの違いについてもう少し深く知りたいという方は以下の記事も合わせてご覧ください。
プラセンタ、注射とサプリを比較

おすすめプラセンタサプリ

おすすめのプラセンタサプリを紹介します。
ここで紹介するものは、すべて効果の高い「馬プラセンタ」の商品です。

母の滴プラセンタEX

★こんな人が買っています。
・美容のために
・健康を保ちたい
・やつれて見られる
効果で選びたい

下のリンクから購入するとお得!
5袋購入で+1袋 3袋購入で+小袋(20粒)

Tp200next

★こんな人が買っています。
・美しくありたい
・キレイと言われたい
・生活にハリが欲しい
人気の商品を選びたい

下のリンクから購入すると
通常8000円が2500円(2回目以降は2700円)

プラセンタの泉

★こんな人が買っています。
・キレイと褒められたい
・毎日イキイキとしたい
・老けて見られがち
コスパで選びたい

当サイトのリンクから購入すると
通常3800円が800円(2回目以降は2800円)